スポンサードリンク


スポンサードリンク


ウォーキング中は、当然交通安全を心がけなければなりません。

ウォーキングの事故で一番怖いのは、自動車よりもむしろ、自転車です。

自動車にももちろん注意が必要ですが、自動車のドライバーは講習を受けて免許を取得・更新しているため、交通安全に対する意識を多少なりとも持っています。

しかし自転車は誰でも無免許で乗れるため、事故のリスクというのがよく分かっていないまま、危険な乗り方をしている人もたくさんいます。

ウォーキング ブログランキング »



Bicycle Parking, Broadway / Salim Virji


また本来、自転車は(一部の例外を除き)車道を走るべきなのですが、現実には当たり前のように歩道を走っています。
最近では、自転車と歩行者の接触事故が増えている、というニュースもよく耳にします。

そこで、ウォーキングの際に注意するべき「危ない自転車」について挙げ、その対策について考えてみたいと思います。


※決して、自転車そのものや自転車に乗る人すべてを否定するわけではありません。
私自身も自転車に乗りますし、自転車は環境にやさしく健康的な、素晴らしい乗り物です。
以下に挙げている「ひどい」自転車乗りばかりではないという点、ご理解ください。



●後ろから来る自転車


歩道を歩いていると、自転車とすれ違います。
前から来る自転車はこちらがよければいいのですが、問題は後ろから来る自転車です。

突然、スピードを落とさないまま自分の横に現れ、追い抜いていくことがよくあります。
歩いているこちらは全く気づいていなかったので、驚かされます。

もし、自転車が追い抜こうとする瞬間、自分が歩く方向を自転車のほうへ変えていたら、ぶつけられるかもしれません。

ちょうど自動車同士の追い抜きで、前の車が突然車線変更するようなものです。
自動車同士なら、前の車にも責任があります。
しかし、歩道で歩行者が後ろから来る自転車にぶつけられたとすると、明らかに自転車側の過失です。

ただ現実問題、怪我させられたら困るので、歩行者側でも注意するしかありません。

具体的に言うと、歩道を歩いているときでも

「進路を変えるときは後ろを確認する」

ことが重要です。

例えば歩道の右端を歩いていて、前から別の歩行者が来たので左によけるとしましょう。
その際、左後ろをチラッと見て自転車などが来ていないか確認してください。

もし自転車が来ていれば、歩くスピードを落として(あるいは立ち止まって)、自転車に先に行ってもらいましょう。


続きはこちら→
ウォーキングで事故にあわないための「危ない自転車」対策(後編)


スポンサードリンク
スポンサードリンク