スポンサードリンク


スポンサードリンク


毎日のようにウォーキングをしていると、何か物足りなくなり

「音楽でも聴きたい」

と思うようになるかもしれません。

現在ではiPodのような携帯音楽プレーヤーはもちろん、携帯電話やスマートフォンでも音楽を聴くことができます。
私もときどき、iPhoneで音楽を聴きながらウォーキングしています。

ウォーキング ブログランキング »



music / craigCloutier


好きな音楽を聴きながらウォーキングするのは、とても楽しいです。
自宅で聴くのとは違った良さがあります。

しかし、音楽を聴くということは

「聴覚が制限される」

ということでもあります。
ウォーキングに限らず、外で音楽を聴くにはいくらかの注意も必要です。


1.目で安全確認

音楽を聴いていると、周りの音が聞こえにくくなります。
車のクラクションや自転車のベルも、聞こえないかもしれません。

ですから、常に「目」で確認するという意識を持つことが大切です。
周囲をよく見て、安全を確認しながらウォーキングしましょう。


2.音量はほどほどに

音量は、周囲の音が聞こえる程度に抑えてください。
聞こえないほど音量を上げると危ないですし、そもそも耳を悪くするかもしれません。


3.音楽プレーヤーを操作しながら歩かない

これは私もついついやってしまうのですが…(笑)
よそ見しながら歩くことになるので危険です。
音楽プレーヤーは、立ち止まって操作しましょう。


4.耳栓タイプのイヤホンは避ける

これについては別記事にまとめました。
こちらをごらんください↓
絶対に間違わない、ウォーキング用ヘッドホン・イヤホンの選び方


5.自然の音も良い

風の音や鳥の声、街のざわめきなどを聞きながら歩くのも、案外楽しいです。
私も以前は必ずと言っていいほど音楽を聴いていましたが、最近は何も聴かずウォーキングすることも多いです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク