スポンサードリンク


スポンサードリンク


一般にスポーツというのは、怪我を防ぐために

・ウォームアップ(ウォーミングアップ、準備運動)
・クールダウン(クーリングダウン、整理運動)


が必要とされています。

ウォーキングもスポーツと見なすなら、当然ウォームアップ・クールダウンは必要ということになるのですが…

ウォーキング ブログランキング »



Warm Up / Ben Sutherland


現実的にはどうでしょう?
毎日歩いて通勤・通学している人や、歩いて近所のスーパーにお買い物に行っている人は、ウォームアップやクールダウンをしているのでしょうか?


私は近所のスーパーに20分ぐらいかけて歩いて行きますが、ウォームアップやクールダウンを特に行っているわけではありません。

ただ、きちんとしたウォームアップ・クールダウンではありませんが、多少意識していることもあります。

まず、
ウォーキング開始直後は、歩幅を小さめにしてゆっくり歩きます。
体が暖まってきたら、だんだん歩幅を大きく取るようにします。
急に早足で歩くようなことはしません。

また、ウォーキングから自宅に帰ってきて、いきなり座り込んだり寝転がって休んだりはしません。
服を着替えたり、そもそもスーパーの帰りなので(笑)買って来たものを冷蔵庫などにしまったり、いろいろすることがあります。
そうやってしばらく動いてから休憩します。


これらのことはウォームアップ・クールダウンと言うほどでもありません。
要は

「ゆっくり始めてゆっくり終える」

という程度のことです。

もし、スーパーまで20分ではなく1時間かかるとしたら、きちんとウォームアップ・クールダウンをするでしょう。
自分にとって片道20分というのはそう長い距離ではないし、そんなに極端に早足で歩くわけでもないので、別にいいやという感じで自己判断しているわけです。


もちろん、人によって体力や体調、脚やひざの状態などには個人差があります。
「20分程度ならウォームアップ・クールダウンはしなくてよい」などと無責任なことは言えません。

ですので、ウォーキングでウォームアップ・クールダウンが必要かどうかは、結局はご自身で判断してくださいと言うしかありません。

あくまで一般論で言えば、するほうがよいのは当然です。
でもあまり神経質になって、「ウォーキングに対するハードル」を上げるのもどうかなあと思います。

ただし上記の「ゆっくり始めてゆっくり終える」程度のことは、簡単ですので意識してやってみることをおすすめします。


※ウォームアップ・クールダウンをきちんとやりたいという方へ↓

ウォーキング前後のストレッチに必要な、ただひとつの基本とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク