スポンサードリンク


スポンサードリンク


ウォーキングの際には、水分補給はとても大切です。
特に夏など暑い時期は、熱中症を予防する意味でも必ず水分を取るようにしましょう。

ウォーキングでの水分補給について、ポイントをまとめました。

ウォーキング ブログランキング »



Water Bottles / LeeBrimelow


●水か、スポーツドリンクか

飲みものの種類ですが、普通の水か、スポーツドリンクがいいでしょう。

ただし、スポーツドリンクには注意が必要です。
スポーツドリンクというのは、種類にもよりますが基本的には

「激しいスポーツを長時間行う人」

向けに作ってあります。

激しいスポーツを長時間行うと、当然エネルギーをたくさん消費しますし、塩分やミネラルも汗に溶けて排出されます。
それを考慮して、多くのスポーツドリンクには糖分やミネラルが一定量入っています。

ウォーキングというのは、一般にそんなに激しいスポーツではありません。
ですからスポーツドリンクをがぶ飲みすると、かえって糖分やミネラルの取りすぎになる可能性もあるのです。

したがってそんなにハードに歩かない限り、ウォーキングでの水分補給は水で充分でしょう。
水はミネラルウォーターでも水道水でもかまいません。

もちろんスポーツドリンクを飲んではいけないわけではなく、飲みすぎなければよいのです。
あるいはスポーツドリンクを水で薄めて飲むという方法もあります。
粉末タイプのスポーツドリンクなら、濃さを調整できるので便利です。

私の場合は基本的に水で、たまにスポーツドリンクという感じです。
水のほうが単純に好きです(笑)


●出がけに一杯、途中に少しずつ


ウォーキングを始める前に、自宅でまず水を飲んでから出かけましょう。
コップに1杯程度でいいです。

ウォーキング中は少しずつ水分を取りましょう。
のどが渇いてから飲むのではなく、渇く前にちびりちびりと定期的に飲むことが大切です。


●途中で買うという手も


水を持って出かけるのではなく、ウォーキング中にコンビニや自販機で買うという方法もあります。
(私が良くやる方法です)
この場合も当然、のどが渇いてから買うのではなく、渇く前に買いましょう。


●バッグに入れる

水を持ち運ぶのですから、当然バッグがあったほうが便利です。

「手ぶらで出てのどが渇いたけど、水を手で持ち運ぶのが嫌だから買わない」


なんて、よく分からないことにならずに済みます(笑)

こちらの記事もごらんください↓

ウォーキングにバッグがあったほうがよい理由

スポンサードリンク
スポンサードリンク