スポンサードリンク


スポンサードリンク


多くの人にとって、日常生活でもっとも身近なウォーキングは

「通勤・通学」

かもしれません。

ウォーキングとは「歩くこと」です。
つまり、通勤や通学の際に多少なりとも歩けば、それはもうウォーキングです。

ウォーキング ブログランキング »



On the way to work in Tokyo, you are not alone / ptrktn


●電車通勤の場合

例えば電車で通勤するとしましょう。

自宅から最寄りの駅まで歩いて5分。
電車に乗り、会社の最寄りの駅で降りる。そこから会社まで3分とします。
この場合、計8分歩くことになりますね。往復で16分です。

もちろんこれでもいいのですが、ひと工夫してみましょう。
自宅から最寄りの駅ではなく、ひとつ先の駅まで歩くのです。

ひとつ先の駅まで歩いて20分とすると、歩く時間は片道23分、往復46分になります。

さらに会社のほうも、最寄りの駅ではなくひとつ前の駅で降りたりすると、もっと歩く時間を確保できます。

このような簡単な工夫によって、ウォーキングとして十分な運動量にすることができます。
電車代も節約できるかもしれません、多少は。


●自転車通勤の場合

自転車通勤をしている人は、それを徒歩にできないか検討してみましょう。
道路事情や坂道の有無などにもよりますが、自転車に比べて、徒歩はだいたい2~3倍の時間がかかります。
自転車で10分とすると、歩いて20分~30分です。

※あまりがんばり過ぎず、仕事や勉強に差し支えのないようにしましょう。


●私の泣ける経験

私は高校時代、歩いて30分ぐらいかけて通学していました。
理由はウォーキングのため…ではなく、単に自転車に乗れなかったのです(笑)。
(今では乗れますが)

でもそのおかげで、多少なりとも足腰が強くなったのでよかったなあと今は思っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク