スポンサードリンク


スポンサードリンク


それでもダイエットにウォーキングをおすすめする理由(前半)では、

「ダイエットのためには基礎代謝を増やすことが効果的である」
「そのためにはウォーキングよりも筋トレがよい」


という結論に危うく達しかけました。

しかし物事はそんなに単純ではありません。
ひとつ、重大な問題を見落としています。

ウォーキング ブログランキング »



Oliver After Weight Training / Mr. T in DC


「それが自分にできるのか?」

という問題です。

筋肉なんて、そう簡単には増えません。
筋トレするなら、意識的に時間を取ってコツコツと続けなければなりません。

それが、他ならぬあなたに、そして私に(笑)、本当にできるのでしょうか?

私もかつて、筋トレしようとダンベル買いましたよ。
大きめでウェイトを調整できるやつと、小さめで振り回せるやつ(いわゆるダンベル体操に使うもの)。

それでどうなったか?
小さいほうは、引き出しにしまったままで、普段は存在すら忘れています。
大きいほうは…引越しのときに燃えないゴミに出しました…

私と同じような経験は多くの人がしているはずです。
してるよね…(泣)

そうです、すべてのダイエット法は、続けなければ、続かなければ、意味がないんです!

それなら、あえて続けるのが難しいことをしようとせず、一番続けやすいことをすればいいのです。
それがウォーキングです。


通勤がウォーキングなら、通勤をやめない限りウォーキングを続けられます。
歩いて20分のところにイオンがあるなら、自転車とかを使わない限り、ウォーキングしなければトップバリュ製品が買えません。

こんなに続けやすい「運動」は他にありません。

もっとも、ウォーキングは筋トレのように高い負荷をかけないので、ウォーキングで筋肉量を増やす、というのは難しいです。

ウォーキングの場合は筋肉を「増やす」のではなく、「維持する」と考えたほうがよいでしょう。
だから、「基礎代謝を増やす」のではなく「基礎代謝の維持」なのです。

ウォーキングという、極めて続けやすい「運動」によって基礎代謝を「維持」し、かつ摂取カロリーをコントロールする。

これが、一番簡単なダイエット法です。

…カロリーコントロールが一番難しいって?
おっしゃる通りです。

でも、ふたつのうちひとつが簡単になっただけで上出来じゃないですか(笑)

スポンサードリンク
スポンサードリンク