スポンサードリンク


スポンサードリンク


ウォーキングコースを作るに当たって、意識してみたほうがよいと思われることを少し記してみます。

●コースを変える、ローテーションする

毎日同じ道をウォーキングしていると、だんだん飽きてきます。
コースは時々変えるのがおすすめです。
何パターンか用意しておいて、ローテーションするのもよいでしょう。

ウォーキング ブログランキング »



Tokyo Photo Walk Vol 1 / shibuya246


私も、歩いて買い物に行くスーパーは、3箇所ほどをローテーションしています。
いくらトップバリュが安いと言っても、イオンばかりだと飽きるのです!

行き先であるスーパーのローテーションが、同時にコースのローテーションにもなっているというわけです。


●街歩き? 公園?

通勤・通学やお買い物であれば、一般の道を歩いて行くことになりますが、別途時間を取ってウォーキングをするなら、公園などのウォーキングコースへ行くという手もあります。
あるいは遊歩道みたいなところですね。

公園や遊歩道には次のようなメリットがあります。

・自動車や自転車が通らないので比較的安全
・信号待ちがない
・緑や自然が多いので快適
・ウォーキングしている人が他にもいるので励みになる


一方、街歩きのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・通勤通学、お買い物など日常生活の中に組み込める
・道は無数にあるので自由にコースを変えることができ、飽きない
・公園より景色に動きがあり、変化に富んでいる
・途中でコンビニなどに立ち寄れる
・服装によっては、ウォーキングしているように見えない(ステルスウォーキング


個人的には街歩きのほうのメリットに、より魅力を感じます。
あなたはどちらでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク