スポンサードリンク


スポンサードリンク


ウォーキングを始めようと思ったときに多くの人がまず考えるのが、ウォーキングをする時間帯です。

ウォーキングと日常生活で挙げているような方法なら、悩む必要はないですね。
通勤・通学時ならその時間、お買い物ならその時間が、そのままウォーキングの時間になります。

問題は、別に時間を取ってウォーキングする場合です。

ウォーキング ブログランキング »



Morning Haze / FreeWine


日中に仕事や学校があるのなら、ウォーキングのために確保できる時間は必然的に

「早朝か夜」

になります。


●早朝ウォーキング

一般的には、ウォーキングは早朝にやるのが一番よいというイメージがあります。
理由としては

・空気が澄んでいて気持ちいい
・必然的に早起きになるので健康的だ
・夜よりも安全
・一日をいい気分でスタートできる


といったところでしょうか。

確かにその通りだと思います。
まさに「理想のウォーキング像」です。

ただ、だからと言って「ウォーキングは早朝でなければならない」というわけではありません。

「早朝ウォーキングを始めてみたものの、早起きが苦手で続かなかった」


よくある話です。私にも経験があります(笑)
しかしこれは、本末転倒です。

「早起きが苦手なのを克服しなければウォーキングはできない」

などと思い詰める必要はありません。
歩くことが目的なのであって、早起きが目的ではないのです。

無理に早朝にウォーキングしなくても、それこそ通勤・通学時でもいいし、夜でもいいでしょう。


●夜のウォーキング

こちらのほうが、人によっては敷居が低いかもしれません。
夜でも街灯が明るくて人通りの多い道を選べば、治安面でも日中と特に変わりません。

(もちろん場所にもよりますし、夜でもあまりに深夜になると違ってくるでしょうが)

ただどうしても、治安が心配だという人もいるでしょう。
また夜のウォーキングは、早朝ウォーキングのような「爽快感」に若干欠けるというのも事実です。

このように早朝ウォーキングにも夜のウォーキングにも、一長一短があります。
結論としては、

「歩きたいときに歩けばオッケー」

ということです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク