スポンサードリンク


スポンサードリンク


(「ウォーキングシューズなんていらない!?ウォーキングの靴選び:その1」からの続き)


●必ず試着する

これはウォーキングシューズに限りませんが、靴を選ぶ際には必ず試着しましょう。

ウォーキング ブログランキング »



Warm feet = Happy feet / myahya


靴のサイズはメーカーやブランドによっても違います。
25センチならすべて同じ大きさというわけではありません。
25とかEEEのような数字・記号は、あくまで目安でしかなく、実際に自分の足に合うかは履いてみないと分かりません。

ですから、靴を買うのは通販よりも実店舗が、基本的にはおすすめです。

ただし、通販でもJavari」はいいと思います。

Javariは、Amazonが運営している靴やバッグなどの通販サイトです。
Javariでは365日間、送料無料で返品ができますので

「サイズ違いの靴を複数注文して自宅で試着
→気に入ったものだけ購入、後は返品(集荷も頼める)」


という買い方ができます。

それに通販ならではの「品揃えの豊富さ」は、実店舗にはない大きなメリットです。


●つま先に充分余裕を持たせる

靴を試着した際には、つま先の余裕をチェックしましょう。
ポイントは「足指が自由に動くかどうか」です。

試着では、まずかかとを靴のかかとに合わせます。
かかとを靴にぴったり合わせて、すき間がない状態にします。
そして靴紐をややきつめに結び、靴を足に固定します。

この状態で、足指を自由に動かせるかどうか確かめてください。

もし足指が窮屈であったり、圧迫されて動かしにくいような状態なら、サイズが小さすぎます。
その状態で長時間歩くと水ぶくれができたりしますので、もっと大きなサイズか、あるいは別の種類の靴を選びましょう。


ウォーキングの靴選びのポイントは以上です。
「ウォーキングシューズ」というジャンルに限定せず、自由に「歩きやすい靴」を選んでみてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク